読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむけにたえる

連続的でシンクロニシティな日常。

ひまわり畑の調子はどうだい

andymoriの曲の中でクレイジークレイマーが私にとってとても大切な曲で。

ヒロ企画には行ったことが無かったけど、どういう企画なのかクレイジークレイマーがヒロさんの為の曲であることは知っていて、今回出演が発表された時に行くと決めるのには勇気が必要だった。

だって絶対クレイジークレイマーやるじゃん。

3月にandymori nightという企画があって、LIVE DVDを流したりDJや弾き語りでandymoriの曲を流すというものだったんだけど、まずLIVE DVDがプロジェクターで映し出されてる時点でandymoriは終わったものだと痛感させられて泣いたしクレイジークレイマーなんてもう号泣だった。(楽しいイベントのはずなのに気持ち悪くてすみません)

むしろラストライブ以降クレイジークレイマーをヒロ企画以外でやることはなくてそれをDJイベントで聴いてしまったのもなんか悔しかった。

 

今年に入ってALとして2本、ソロで3本の小山田壮平のライブに行って andymoriではない小山田壮平に慣れていることにTwitterのフォロワーの人がALも弾き語りも全然ピンと来なかったって言ってるのをみて気が付いた。

その感覚がずっとあったはずだし、今もあるんだけどな。

危うい人だからいつ観れなくなるかもわからないと思うと行けるライブは行きたくて気がついたら今年だけで5本も観ていた。

いろいろ思うところはあって、行くつもりは無かったんだけどSEBASTIAN Xの出演が決まり、どうしても見たいと学校が終わってから下北沢まで走って当日券の本来無かったはずの最後の一枚を手に入れて 小山田壮平に対してはあまり心の準備が出来てないまま会場についていた。

(ちなみに走った時にクレジットカード兼キャッシュカード兼Suicaを紛失致しました。カード会社との手続きを終えて19時くらいにようやく入れたらドア開けて目の前に小山田壮平いるし何回か隣でライブを観る機会がありよくわからない気持ちになりました。笹口騒音ハーモニカの皆歌えんの!?みたいなくだりの時、隣でめっちゃいい声で歌ってるもんだから隣ばっか見てました。)

 

SEBASTIAN Xについてはまた別に書くね。

でもおセバで胸がいっぱいになってしまったことも関係してくるから切り離せないけどね。

一曲目からクレイジークレイマー。始まる前はクレイジークレイマー聴いたら恐ろしいほど泣くんじゃないかと思っていたけど全然そんなことなかった。andymoriが大好きだし、小山田壮平のソロの曲も好きだけど すんっと引くような感覚があって、久しぶりにやっぱり私は小山田壮平じゃなくてandymoriが好きだったんだなとわかった。

クレイジークレイマーはandymoriの曲だなぁ。

というかこの時間にこんなブログ書いてる気持ちがわかるかい?

クレイジークレイマー / andymori - YouTube