読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねむけにたえる

連続的でシンクロニシティな日常。

社会人になったらしたいこと

 

部屋を綺麗に保つ

お家に人を呼ぶ

人をダメにするソファを買う

高橋留美子の漫画買う

月に1回は映画館で映画を観る

年に2回は旅行に行く

夜行バスじゃなくて新幹線で旅行する

とっておきのお洋服を買う

いい枕で寝る

自炊ちゃんとする

美味しいものも食べに行く

友達と遊ぶ

たまにはオールとかする

プリクラとかも撮る

夜勤明けディズニー

美容院に定期的に行く

全身脱毛

歯列矯正

ホットヨガ(友達と行こうっていってる)

ライザップ級じゃないジムみたいなの

お花を育てる

ベランダで小ねぎを栽培する

大葉も栽培する

壁に撮った写真を貼り付ける

ちょっといい化粧品を買う

シャンプーをノルにする(今からでもできる)

患者さんやご家族のQOLに配慮した看護ができるようになる

時間的にも気持ち的にも余裕がもてるようになる

ちゃんと家族で集まる

ママになんか買ってあげる

友達の子供にベビー服買う

友達の誕生日お祝いするのとかでちょっといいとこに連れて行く

 

 

金銭面と精神面がごちゃごちゃになってますねちゃんちゃん

 

 

アンダーグラウンドから君の指まで

遠くはないのさ〜

 

f:id:lilyca:20170203192922j:image 

※言いたいことまとまらないけどぶわっと出てきたので備忘録です。

 

私のSNS依存はなかなか歴が長いので、まあまあやばい黒歴史もあるわけですが(現在進行形)

 

f:id:lilyca:20170203181915j:image

黒歴史その①褒められたから気に入って何回かあげてた。

 

13歳?からモバゲーをはじめて当時は今の半分以下の画面でザラザラの画質でピコピコガラケーをいじっていたものです。インターネットはいつも嘘つきで優しかった。画面越しにいるのが本当の人なのは分かっていたけれど皆何かになりきれていたし、私はあの虚構感が好きだった。

正気で なでなで ´  ` とか ふぇぇぇ><///// なんて言えるわけないだろ、君も私も。

f:id:lilyca:20170203182530j:image

黒歴史その②ココアで自撮りとかかわいいと思ってた。

 

と、同時にその中でも仲良くなったり気になってくれた人から規制をすり抜けて(本来アドレスとか載っけちゃいけない)メアドが送られてきて皆にとってはメガネのアバターの◯◯くんなのに私にとっては◯◯県の大学生の男の子になってるみたいなドキドキ感もあった。

 

(ちょっと今書きながら自分でも気持ち悪くて恥ずかしくて鳥肌立ってます。)

f:id:lilyca:20170203184708j:image

黒歴史その③ほっぺたに自信があった。

 

虚構の中に本当の自分を滑り込ませ、承認欲求を満たす。今考えればわりと高度なことをやってたんだなあと思うんですが、それに比べて今のSNSはリアルで鮮明ですよね。

今私がやってるSNSTwitter(アカウント、リアルと趣味と分けてる)とLINEとInstagramSNSを使って現実のことが発信されるしするし、私の考えてることや好きなことを直接話してなくても友達に知られている。

アカウントを分けたりしている時点でまだSNSは私の中で虚構な部分があるわけだけど。

ソフトバンクのCMで広瀬すず大原櫻子が「そう、私達はスマホと大人になっていく初めての人類だ」って言ってるけど、私は虚構からリアルへの変化を13歳から今にかけて体験してきた層なんだよな〜。

f:id:lilyca:20170203185358j:image

黒歴史その④省エネな喋り方するって言われるけど喜怒哀楽ほぼ目でやってるので口があまり動かない。画質の粗さと一部しか見えない補正でりりィをつくりあげていた。騙されてくれてありがとう。

 

 生まれる時代があとちょっと遅かったら勘違いしてツイキャスとかしてそうだったのでまだそういう世代じゃなくてよかったです。炎上したくないです。

当時から今も続いてる人本当数人いるんだけどあの頃とはまた違う捻くれ方をしている私と繋がっててくれてありがとう〜。私が君の、君が私の黒歴史生き証人だよ〜。穴があったら入りたいね〜。

 

以上黒歴史供養(できてない)日記でした。

タイムマシンなんていらない

過去も未来も興味ない〜♪

 

 

前田敦子さんのタイムマシンなんていらないの冒頭『Beep beep beep beep yeah!!』はピチカートファイヴの万事快調のオマージュなのかしら?と思って調べたらBeatlesのDrive My Carにも同じのがあるそう。

 

どちらにせよどれも好きです。

 

f:id:lilyca:20170128232319j:image

 こんばんは。

この写真の中村ちひろさん素晴らしいと思って保存して元の画面に戻ろうとダブルタップしたら右の大腿部がアップになってしまいイケナイことをしてる気持ちになりました、私です。

 

一昨日学校がお昼までだったので学校の友達とお蕎麦屋さんに行ったのですが、本当に話すことがなくてただ沈黙の中 辛味大根蕎麦をいただきました。別に普段からそんな感じなわけではなく、カフェでまったり数時間一緒にみたいな過ごし方も出来る子なのになんでだろうと思って考えてみたらそうか人と会ってないからだ と。

思い返せば12/25以降友達と遊んでなくて学校と家の行き帰りor学校の子に話してもつまらないであろうアイドルや音楽等で日々を構築していたので 丸々1ヶ月友達に会っていないだけでこんなに何も喋れなくなるのかと思いました。

多分相手もそんな感じ。刺激が足りないんだわ!

なんのかんのライブみたりイベント行ったり劇観に行ってたから充実してる気分でいたけどやっぱり人に会わないとダメね。

まあこんな生活もあと22日。早く来て欲しいような来て欲しくないような。

 

なんかせっかくのご飯だったのに暗い感じになっちゃったな、私また喋るの下手になってたな、嫌な思いさせてないかなと不安になっていましたが その後 LINEで問題集に載っていた分度器のように扱われる陰茎のことを共有しゲラゲラ笑ったので今日も元気です。

f:id:lilyca:20170128234008j:image

 

国試終わったら遊んでくださいね。

 

 

なけなしの千円札でロールケーキを買った

(1月上旬の書き溜めのハキダメ)

f:id:lilyca:20170111233618j:image

近所のケーキ屋さんは日替わりでいろんなロールケーキを出しているんだけど、12月くらいから木曜日のチョコロールが他の曜日のいちごロールに変わっているようでお店の外から覗き込んではしょんぼりしていた。

どうしてもチョコロールが食べたくて、お店に電話したら年明けには出せるかも とお店のおじさんに言われた。今日は年明けてから初めての木曜日だったけどチョコロールは売ってなかった。スフレロールってのを買った。美味しかった。  でもやっぱりチョコロールが食べたい。チョコロールチョコロール。

f:id:lilyca:20170111233634j:image

 

好きな人が好きな人のままで居てくれること、好きで居させてくれることの尊さについて考える。

私の好きなアイドル、ももいろクローバーZ佐々木彩夏ちゃんは小さい頃から芸能界にいて9歳でおはスタに出てる時には既に「あーりん」だった。

 去年の誕生日でそんなあーりんも20歳になって、ソロ曲『あーりんはあーりん』では

この先 この未来 何が起きようと

ピンクきらきら 歌うから!

と言ってくれているのだ。感謝しかない。

 

アイドルを含め芸能人を好きになるのは届かないと分かっているから苦しい。でも届かないと分かっているからこそ存分に気持ちを膨らませることができる。

これが身の回りの人になると途端にそうはいかなくなる。自分の気持ちを一方的にぶつけることが出来なければ、相手からの気持ちを求めてしまう。距離が近くなった時があるからこそ遠くなった時や嫌われてしまった時のことを考えて辛くなる。無理。

吐き気のする顔を大事な人の中にみて色々と嫌になる現象がよく起こるのだけど、そういう性格だからしょうがないんだろな。

とにかく、好きだなあと思い続けさせてくれている佐々木彩夏さんに感謝いたします。ありがとうあーりん。

f:id:lilyca:20170122224742j:image

(写真は最近度肝を抜かれた美しいあーりんです。)

 

ブログを書くにあたり脳内再生していた曲たち

あーりんはあーりん/佐々木彩夏

ミッドナイト清純異性交遊/大森靖子

青い空/andymori

人との距離のはかりかた/plenty

あけました

おめでとうございます〜⌒°⌒

 

七草粥食べたかったのに普通に食事してしまった。干し芋も食べちゃった。ちょっと反省。でも美味しかった。

 

先日、一方的になんだか好きな方(恋愛とは違う)から「憧れと尊敬の違いってなんだと思う?」と連絡が来た。

まず連絡が来たことに舞い上がったし、そういう話を私に振ってくれることが嬉しかった。

 

好きな人と考えてることや感じていることを共有できるのってとても満ち足りた気持ちになりません?好きな音楽や好きなスポーツを教えてもらうより、こういう時こういう気持ちになる とか こういうことがあって嬉しかった みたいな話をしてもらえる人でいたいなあ。

 

まあ、なかなかそういうこと言える人も言ってくれる人もいないので今年もブログに気が向いた時につらつら書いていきたいと思います。本年もよろしくお願いいたします。

f:id:lilyca:20170108030203j:image

意識的に透ける

先日、学生ホールで勉強してたら担任の先生が残って勉強してる3年生にお菓子配りに来てくれてたんだけど、他の3年生もらってるのに私だけ3年生って認識してもらえなくて何も貰えなかった。悲しい。

ばっちり目あったのにな〜(⌒▽⌒)泣

 

その後はイヤホンをしてマスクをして存在を消し、勉強に勤しみました。僕は透明人間さ〜。

 

一つの小さな嫌なことで色んな嫌なことを思い出しがちだから 実はこのあとグダグダ書いて下書きに入れていたんですが、今日嬉しい一言をいただいてそういう気分じゃないからやめます。単純ですね。

 

『ああ君は僕じゃないのにああ僕は君じゃないのに

求めてしまう気持ちはわがままというのでしょうか』

という歌詞がいきなり頭の中に流れてきて

フジファブリック〜!という気持ち。

おやすみなさい。

偉そうに泣かないで

 

ライブ中に泣いている客を観て、演者はどう思っているんだろう。

 

自分の歌を聴いて心が動いていることに嬉しく思うのか、感傷中毒者が自分の曲を利用してセンチメンタルに浸るのを冷めた目で見ているのか、はたまた分かったつもりになってんじゃねえぞと怒っているのか。

 

古舘くんの『Under North Swamp』では『センチメンタルなお客に流れ弾』だし、andymoriの『すごい速さ』では『そのセンチメンタルはいつかお前の身を滅ぼすのかもしれないよ 感傷中毒の患者禁断症状映画館へ走る』だし、タイトルの『偉そうに泣かないで』はkojipullさんの『どちらかと言えば幸せになりたい』から。

 

最近よく聴く曲が全部チクチクと刺してくる感じ。(私は音楽でボロボロ泣くタイプなので)

共感て恐ろしくおこがましいですよね。

 

本物はあなた、私は偽物。

この1ヶ月くらい本当ばらばらのこの歌詞がぐるぐるしている。これから先もしやずっとなのでは。

 

 

例えば、自分の声が出なくなった時、何かしらの外科的処置をしなければ延命が難しい時、このままの状況が続くのならいっそ死んでしまいたい と思う人はいると思うんですよね。というか何かきっかけがなくてもそう思う人はきっと居て。

それが諦めなのか、それとも今までの人生に納得した上での答えなのかは 人によって違うだろうし、それを決めるのは周りの人間じゃなくてその人だよ。

私は消えてしまいたいと思うことはあっても、死にたいと思ったことは今のところ無いので本当にそういう気持ちがあるのか実感としてはわかりませんが、絶対存在するものだよなあ。

前者にしても後者にしても、死んでしまいたいという思いは本当にその人の中に溢れたものだと思うのでないがしろにしたくない。自分の声が出なくていい人なんていない、死にたいなんて本当に思っている人なんていないと言われたけどそれはちょっと違うんじゃないかなぁと思うんです。

死にたいという気持ちの奥を見ろってことなのはわかるけども。

本物はあなた、私は偽物。偽物なりに考えて寄り添える人になりたいですね。